最近よく目にするジェネリック医薬品

 

先発医療品と後発医療品

ジェネリック医薬品とは、一言でいえば「特許の切れた後発医薬品」のことです。

先発医薬品、いわゆる新薬の特許内容を基に特許期間が切れた時点から作られる同じ有効成分の薬です。

同じ成分、同じ効能を持ちながら、複数の会社からいくつかが販売されるケースも多いので商品名も複数あります。

医薬品の有効成分を表す際には一般名(generic name)を使用し、欧米ではその一般名を用いて後発医薬品は処方されます。

したがって、後発医薬品のことを「ジェネリック医薬品」と呼ぶようになったのです。

以前はジェネリック医薬品のことを「ゾロ」、「ゾロ品」、「ゾロ薬」などと呼んでいたときもありました。

これは、先発医薬品の特許権が切れると後発医薬品が「ゾロゾロ」出てくることから、多少侮辱的な呼び方をしていたのですが、今ではそう呼ぶことはほとんどありません。

先発医薬品がなぜ高価なのかは、その製造・販売過程にあります。

先発医薬品いわゆる新薬の開発には、開発企業の威信を賭けて巨額の費用と膨大な時間を費やして行なわれます。

また、開発された新薬は特許権を取得してその構造や製造方法などが保護されます。

特許申請に当たっては、その発見経緯や海外での使用状況、物理的・化学的性質やその他多くの項目についての試験及び臨床結果が必要で、それらの資料作成には莫大な費用と時間が掛かります。

こういった開発・作成までに掛かった全ての費用を薬の売価に反映するから、新薬は高価なのです。

新着情報

◆2016/09/01
最近よく目にするジェネリック医薬品の情報を更新しました。
◆2016/09/01
いざという時の緊急避妊薬の情報を更新しました。
◆2016/09/01
運動でED予防をしてみようの情報を更新しました。
◆2015/10/27
運営者情報の情報を更新しました。
◆2015/10/27
性病に感染をしてしまったの情報を更新しました。